滋賀県東近江アウトドア専門店

Outdoor specialty shop

営業時間はこちら CLOSE 木曜

TEL  0748-48-8123

STAFF Kより14(ファイヤーボウル)2018.11.20

 

みなさんこんにちは!

今日はすごく良い天気ですね!

でも、気温は低くて上着は手放せません(-_-;)

もうすぐ冬ですね~~

 

さて今日はそんな寒い日に

もってこいの焚火台を紹介します!

 

・PETROMAX(ペトロマックス) 焚火台 ファイヤーボウル fs-38

‣サイズ 直径 : 38cm

‣高さ : 26cm

‣重量 : 約3kg

‣材質 : スチール

 

・PETROMAX(ペトロマックス) 焚火台 ファイヤーボウル fs-48

‣サイズ 直径 : 48cm

‣高さ : 26cm

‣重量 : 約5kg

‣材質 : スチール

 

・PETROMAX(ペトロマックス) 焚火台 ファイヤーボウル fs-56

‣サイズ 直径 : 56cm

‣高さ : 26cm

‣重量 : 約6kg

‣材質 : スチール

 

 

 

食材を焼くための鉄板として、または焚き火をする際の焚き火台としてなど、1台で2種類の使い方ができるファイヤーボウル。
3本の脚は取り外しが可能なので、持ち運びも容易です!

 

スチール製の鉄板に3本脚という極々シンプルなギアなのですが、無骨な雰囲気が漂い、めっちゃかっこいいです!(笑)

メーカー曰く「鉄板」兼「焚き火台」の1台2役として使えるアイテムで、サイズは全部で3種類。けれど鉄板や焚き火台とは一味違う使い方をしている人もいれば、サイズ違いを男前に使いこなしている人もいます!アイデア次第で使い方がぐっと広がるアイテムですよ!

 

基本的な使い方の一つが“焚き火台”としての使用。多くの焚き火台と違うのは、火床部分が浅いこと。本体がフラットに近い形状なので、まるで直焚き火をしているかのようなオープンな焚き火を楽しめます!

 

厚さ3mmの鉄板プレートなので、肉や野菜の鉄板焼きはもちろん、炒め物、焼きそばにお好み焼きなど、さまざまな焼き物に使えます!

直焚き火OKのキャンプ場なら、そのまま焚き火の上にセット。別の焚き火台などをファイヤーボウル下にセットして使う方法もあります!

 

少し重いのがネックですが使い方や組み合わせ方は

人それぞれです!

ファイヤーボウルを自分の色に染めて

自分のお気にいりの使い方を見つけましょう!

 

では今日はこのへんで

 

 

 

 

 

スタッフ かずま

 

Copyright ©︎ BurnFreely. All Rights Reserved.